インプラント前に検査

インプラントとアレルギー

金属アレルギーのインプラント

金属アレルギーを持っている方でも、インプラント治療を利用することは可能になります。銀やクロムではなく、主にチタンを利用していることが多いため、実際に金属アレルギーの発祥の可能性は少ないといわれています。メーカーによっても、利用している素材に違いが有りますので、治療前に必ず確認をするようにして下さい。また個人の体質によって反応には差がありますので、不安な方は事前に皮膚科などで検査を受けたり、インプラント治療の専門医によるカウンセリング・アフターケアを受けることで、より安全に治療を受けることができます。

金属アレルギーの可能性は少ない

金属アレルギーと言うのは、全ての金属で発症するわけではありません。ニッケルやクロム、銀などで発症しやすいのです。しかし、インプラントでは、人工歯根となる部分には、純度99.9%以上のチタンが使用されます。チタンは、これまで治療に使用されてきた実績のみならず、整形外科などで折れてしまった骨を固定するために使用することでも実績があり、人体に対して非常に親和性がある金属です。そのため、チタンを人工歯根に用いている限り、金属アレルギーが発症する可能性は非常に低いのです。また、インプラントの上部構造である人工歯には、セラミック等の材料が使われますので、これも心配はありません。

インプラントの施術情報

© Copyright インプラントの施術方法. All rights reserved.