インプラントの行程

インプラントの手術内容

インプラントとアバットメント

歯が欠けたり抜けたりしてしまった場合の治療法の一つとして、インプラントと呼ばれるものがあります。これは、人工歯根を患部に埋め込んで、その上に人工歯を付着させるという方法です。これを行う際には、二度の手術が必要となります。歯茎を切開して顎の骨を削り人工歯根を埋め込んでいく一次手術、歯根が定着した後にその頭部にアバットメントを装着していく二次手術です。この二次手術で装着されるアバットメントというのは、人工歯根と人工歯を連結させるための重要な器具です。この部分に人工歯をかぶせるため、言うなれば人工歯根の土台となる部分です。この二つの行程を経て、インプラントが完成します。

アバットメントについて

アバットメントとは、顎の骨に埋め込んだインプラント体と、歯に似せて作られた上部構造を連結するためのパーツです。このパーツは単なる連結パーツとしてではなく、さまざまな役割を担っています。アバットメントは上部構造を支える上で非常に重要であり、インプラント全体の強度を高めることで噛む力を高めたり、力のかかる角度を補正する機能があります。このパーツはさまざまな素材のタイプがあり、使用される素材によってそれぞれ特性が異なります。最も一般的なものは、チタンや金属合金などの金属素材を用いたもので、これらは高い強度と耐久性が特徴となっています。また、金属アレルギーを持つ人のために、金属の代わりにジルコニアなどを素材としたタイプもあります。

インプラントの施術情報

© Copyright インプラントの施術方法. All rights reserved.