インプラントの治療法

抜けた歯をインプラントで

失った歯の治療はインプラント

失った歯を取り戻し、第2の永久歯と言われているのがインプラントです。その魅力の1つは安定感です。これまで主流であった「入れ歯」や「ブリッジ」、「差し歯」では噛む力が劣ってしまいましたが、インプラントでは歯根を顎の骨に埋め込んであるので、これまでのように食事をすることができ、見た目も人工の歯とは思えないほど自然です。またブリッジを入れる際のように他の歯まで削る必要もなく、周りの健康な歯はそのままの状態で保つことができるので他の歯に負担をかけることがありません。一生自分の歯として使うことができます。

インプラント後の定期通院は必要

顎の骨に人工の歯根を埋め込むのがインプラントです。この方法であれば自分の歯と同じように使えるので、人気の高い治療法です。手術に成功すれば見た目も美しく、しかも自分の歯のように噛めると嬉しいことばかりなのですが、人工の歯根なのでもちろん神経がありません。そのため虫歯にならないのはいいですが、歯周病と同じような状態になることはあるのです。これをインプラント周囲炎といいますが、神経がない分発見が遅れる可能性が高いのです。これを防ぐためには定期的に歯科に通院することです。

インプラントの施術情報

© Copyright インプラントの施術方法. All rights reserved.