インプラントの方法

インプラントの施術方法

インプラントの施術について

インプラントの施術方法は、少しずつ変わってきています。最新の方法では、施術の時間もかからず、長持ちする部品が使われます。今は失った歯に人工的な歯を埋めるインプラントという技術があります。施術が行われるようになった頃と比較すると、今は技術も進歩してきていますし、理解も高まっています。アナログな方法で施術をしていたこともありましたが、今は麻酔なども全部自動で行われるようになってきているので、安心をして施術を受けることができるようになっているのです。インプラントによって見た目も噛み心地も実際の歯と大差のない感じを得ることができるので、施術を希望する人も増加をしてきているのです。対応をしているクリニックも増加してきています。

インプラントアナログについて

インプラントとは、歯が抜けたところに歯根の役目をする「フィクスチャー」と呼ばれるネジを打ち込み、これに連結部分であるアバットメントと人工歯を装着するものです。アナログとは、口腔内に埋め込んだフィクスチャーやアバットメントのレプリカを意味しています。歯の芯となるフィクスチャーとアバットメントの連結した部分に人工歯をかぶせる際の模型作りに使用する道具です。患者に埋め込んだフィクスチャーと全く同じ形をしています。フィクスチャー本体はチタンで作られますが、インプラントのレプリカはステンレスなどの金属を素材としています。

インプラントの施術情報

© Copyright インプラントの施術方法. All rights reserved.